貴方は老化と聞くとどんな現象を想像するでしょうか。
多くの人は、身体的な機能の低下を想像することが多いでしょう。
運動機能の低下、視力の低下、聴力や持久力と云った肉体的な衰退をイメージしがちではありますがそれよりも更に重篤で気をつけなくてはいけないこと、というのが脳老化です。
脳は、人間の全てを司る部位ですからここが老化するとさまざまな能力が低下してしきます。
挙句は、日常生活さえ送れなくなってしまうこともあるなど非常に重篤なものなのです。

脳の老化によって引き起こされる現象

年をとると記憶力が衰えたりする、とは言いますがまさにそれは脳が老化してしまう特徴です。
もちろん、ある程度のことは仕方ないことかもしれないのですがこれは人によって度合いが大きく違うんですね。

記憶力の低下という脳の老化は突き詰めると、アルツハイマーなどにつながっていくことでもあるんです。
一般記憶だけではなく、潜在記憶や長期記憶と言ったものまでも機能しなくなってしまうという、いわゆる痴呆の状態がまさに脳の老化によって引き起こされるものなのです。

こういった脳の老化の度合いは実は生活習慣などが影響していることがあります。

脳の老化が激しくなる原因

こういった、脳の老化が激しい人というのは実は生活習慣におけることが原因になります。
大きく分けて、4つの原因があるとされておりそれぞれ有酸素運動の不足、新鮮な物事への挑戦意欲の希薄さ、そしてコミュニケーション回数が少なく、時間も少ない、ということ。
そして、最後はメモなどをつける習慣がない、ということが挙げられます。
こう言った生活習慣がどのように脳の老化を早めてしまうのかということについてを詳細に説明しましょう。

脳の老化が激しくなるメカニズム

まず、有酸素運動不足ですから有酸素運動というのは適度な運動と酸素を体に巡らせる機能があるのですが脳というのは血流が良く脳に血液が流れ込むことによって機能を高めます。
これが不足してしまうと、脳に送られる血液や酸素が低下し、同時に運動をしないことで脳の働きが普段から弱まってしまいますので脳の老化が早くなるというわけです。

二つ目の新しい物事への挑戦意欲が希薄、というのはいわば脳に対する新鮮な刺激が少ない、ということです。
脳は、新しい刺激が少ないと脳の伝達力が低くなってしまうということが解明されています。
よく、多趣味な老人はボケにくいなんて言いますがまさにあれは常に新鮮な刺激を受ける機会を作っていることで脳の伝達力が高まっている結果ともいえるでしょう。
そして、人とのコミュニケーションの回数や時間が少ないというのは脳というのは人と顔を合わせて実際に会話をするときが最も機能しているのです。

こちらも、やはり刺激を大きく受けることによって脳の働きを活性化させるという意味があるのでしょう。
最後の、メモについては予定の計画、管理ということを実際に表に出して整理し、行動することによって脳がその整理した情報を記憶し活性化させるということにつながるのです。
だから、メモを普段からつけない人ほど脳の老化は早くなるということですね。

要は脳の老化、というのは普段から脳を使っていない人ほど早く訪れ、逆に脳を普段からたくさん使っているほど年齢を重ねても脳の老化が進みにくい、ということなんです。

快適な第二の人生を送るならばこそ、新しい刺激を受けて脳を老化させないようにしていきたいところですね。