料理をできるだけする

料理は、実は効率的に進めるために計画したり手順を考えたりして作業し、さらに手元で細かい作業をしたり、レシピを見て料理をするのは全部脳を使用するものなので積極的に脳を使うことになって脳の老化の防止につながります。

物事をイメージして行動する

自分が何かしようとするときにその光景を映像としてイメージしてから記憶して行動することによって、脳を活性化させるのと同時に記憶領域を使用することになりますので記憶力の低下を防ぐことができるのです。
こういったイメージを膨らませる行為は前頭葉を刺激するので最も老化が早く進む場所の老化を防げると言われています。

達成感をしっかりと味わう

いわゆる、物事に対して挑戦するということが大事なんです。
何かに挑戦し、それを成し遂げたときの達成感や満足感というものは脳内のドーパミンをたくさん分泌させ脳の機能を向上させることにつながります。
これもまた、脳の機能を高めることができるので脳の老化の防止につながっているのです。

適度な有酸素運動をする

特にお勧めなのはスロージョギング、というものですね。
体を適度に動かすことは、脳に酸素と栄養のある血液を送るために非常に重要な行動になります。
いわゆる散歩などに近いものなのですが、体を動かしながらリラックスして生活することによって脳の機能をアップさせることができます。
こちらも無理して続けることはなく、適度に散歩する程度の気持ちで十分です。

質のいい睡眠をとろう

更に、睡眠もまた脳の機能を向上させるのに必要なことです。
成長ホルモンというものは、脳の記憶力を高めたりする機能もあるのですがこの成長ホルモンの分泌量は睡眠中に最も高くなるといわれています。
なので、毎日ぐっすりと眠るというのも大事ですね。

脳の老化を低下させないための行動や習慣、というのは要は脳をしっかりと使い、脳を成長させるということが大事になってくるわけですね。
なので、普段から脳を意識して使うことが重要です。